2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

保険ライフ

保険ライフは全国に出店しているわけではありが一部の地域では保険の見直しや新規契約など若者から40代のご家族まで幅広く相談に訪れているようです。やはり長く営業していると信用が増すのでしょうね。
金融機関で住宅ローンを組んだ場合の多くは「団体信用生命保険」もあわせて加入しています。
この場合、万が一の時には住宅ローン残額は「団体信用生命保険」から金融機関に支払われ、以後のローン返済はなくなりご遺族は住居が確保されます。

生命保険が世帯主さまに万一のことがあった場合の住宅費用も考えた設計になっているのであれば、保険を節約できることになるのです。

最近は朝起きるとちょっと寒いと感じる日が増えてきましたね。
起きたらすぐにリビングの窓全てを開けて回るのが、その後子どもたちが起きてくると寒い!と言われるようになってしまいました。
自分自身は少し寒いくらいのほうが頭も体もよく動くのですが、家族はそうではないみたいですね。
仕方がないのでちょっと開けたあとに閉めてしまいます。
でも今朝はいいお天気です。
掃除日よりだなと思ったので、子どもたちを学校に送りだしたらがーっと朝の家事を済ませて、窓を全開です。
あちこち埃取りをしたり、シーツをはぎとってお洗濯です。布団も干して埃を家から追い出すと気分も良くなりますね。
拭き掃除もざっと午前中のうちに済ませてしまいます。
結婚して主婦になってはじめてまともに家事をするようになったんですけどね、家事って割りとやりがいのある仕事だなと感じています。
確かに誰も褒めてくれないなんてジレンマを感じる時もありますけど、子どもたちは綺麗ということに慣れているので、外出先で汚いトイレや埃を見ると過敏に反応します。
それを見ると、ちゃんと感覚は身についているんだなと思いますね。
大きくなってから子どもたちが部屋を片付けられない大人になってしまわないためにも、家事をすることは重要かも知れません。
子どもたちが休みの日に朝からせっせと掃除をしていると、自然と手伝うようにもなりました。
自分のことは自分でするというのが我が家のルールでもありますが、自分のこと以外でも自主的に手伝ってくれるようになったのは嬉しいです。
掃除は面倒なことではなくて、綺麗になって気持ちいいんだということを知って欲しいですね。
昔は私もあんなに掃除が嫌だったのに、どうして主婦になったら掃除ができるようになったのかといえば、やっぱり掃除をした後の気分の良さなのかも知れません。
この感覚があるからこそ、毎日続けていけることなのでしょうね。
半日窓を開けて空気の入れ替えをして、お日様の匂いのする布団を取り込むと、もう一日の家事の半分が終わったような気がします。
あとは子どもたちが帰ってくるまでに洗濯物を片づけて、夕食を作るだけですね。
[ 2014/08/26 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)