2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

ほけんhome

ほけんhomeは家計負担を減らしたい。保険代を安く抑えたい方に最適なプランを提示してくれます。
大手の保険会社は安心して比較できます。

やはりアフターケアも大切で最近こういった保険ショップも増えてきているので、きちんと選択をしておいた方がいいでしょうね。

素人がいくら考えても自分で保険のことを勉強したりしても時間がかかるばかりですから、面談や出張してくれるところや代理店は安心できます。




先日、会社の研修でもらった数々の本について、もう読むこともないだろうと古本屋に売りに出しました。ちょっとしたお小遣い程度にはなりましたが、ふと本棚を見ると、10年ぐらい読んでいない本がずらっと並んでいることに気が付きました。こうなったら、と我ながらムキになってきて、ネットで調べると、今は、古本屋さんが取りに来てくれたり、宅配業者を手配して送るなど、いろんな方法があることが分かりました。近所のスーパーにいって、古い段ボール箱をもらってきて、どんどん詰めること、3箱。すぐにネットで予約して、翌日の夜に取りに来てもらいました。一箱20キロは軽く超えていたので、宅配業者さんには本当に申し訳なかったです(その古本屋さんのHPでは、「一箱15キロ程度にしておいてください。」と書かれていましたが、その記述を見つけたときには、すでに箱詰めが終わっていました。)。
それで、せいせいしたとすっきりしていたら、なんと我が家にはまだ本棚があるではないですか。そこには、まだたくさんの本がある。ああ、今日、一緒に売っておけばよかったと思いながらも、もうどうすることもできません。とりあえず、簡単に数えてみたところ、20冊以上はありそうです。こうなったら、また来週に箱を用意して、古本屋さんに売るしかないと決意も新たにしています。
これだけ売ると、本棚がガラガラになり、本棚自体がほとんどいらなくなります。最近は、本も、Kindleで読むようにしているので、出版されたハードコピーを買うこともほとんどありません。あっても、雑誌や問題集などの「いずれは捨てる」ものばかり。そうなると、次は、本棚の解体・整理が必要になってきます。
最近、会社の経営は、「アセットライト」がいいと言われますが、我が家の本という不良(?)資産も売却され、現金化されるので、その現金を次の何かに生かすべく、「生きるお金の使い方」を考えなければなりません。
ちなみに、子どもは、最近、「今度、お寿司を食べたい。」と言っているので、ひょっとするとそっちに消えるような予感がしますが。
[ 2014/08/23 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)