2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

保険の窓口と介護

保険の窓口へ行った時に介護の話になりました。
私の両親と2世帯住宅で同居しています。
私の両親もも元気で、今は全く手助けを必要としていませんし、それぞれ私の祖父母の面倒を見ているくらい。
みんなまだまだ現役だと思っています。
それでも日々ニュースやワイドショーで『介護』の話題を目にすると
だんだん他人ごとではないと感じ、少しづつですが真剣に考えるようになってきました。


親たちはみな、自分たちのことは自分たちでできるから、あなたたちは子どものことだけ心配しなさいというけれど、
これからどんな状態になるのかなんて誰にもわからないし、そのときがいつくるのかもわからない。
わからないから不安ばかりが大きくなります。
そのときになると、自分のおかれている状況も変わっているかもしれないから、
今は専業主婦で、子どもが学校に行っている間の時間は身動きがとれるけれど、働き始めたら、そうもいかないなぁとか。

それでも私は、両親の面倒は自分で見たいと思っています。
だって、愛情たっぷりに育ててくれた自分たちの親の面倒をなぜ他人にみてもらわなければならないのでしょう。
してもらったことをそのまま返す。それが人間の原理だと思います。

今の日本の考え方は、世界との競争力をつけるとか、労働力を増やすとか、
もっともらしいことを言ってますが、結局はすべて外部に委託してお金だけ払えばそれですむ社会を作ろうとしているだけです。
そこに人間らしさとか、ココロとかは存在しません。
子育てにしても介護にしても、対人間なのだから、それではうまくいかないと思います。

家族だから許せる、家族だから怒れる、そういう関係でしか、介護の大変な状況は乗り越えられないように思います。
家族だけで全部をクリアするのは大変だから、そこで、ちょっとデイケアを利用するとか、そういう介護のシステムを作るべきです。
介護が必要になったお年よりは介護施設に入所させて、働き盛りの人はお金を払うだけ、面会にもあまり行かない。
そんな状況、絶対よくないと思います。

いまだからこんな理想いえるのかもしれませんが・・・私は心を大事にしたいです。
[ 2015/11/19 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)