2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

生命保険と三大疾病

本人の死因のトップはがんであることは間違いないのですが、この「がん」に「心筋梗塞」「脳卒中」を足して三大疾病と呼ばれています。日本人は結局はこの三つのうちのいずれかの疾病で死亡するとさえ言われているのです。
しかもこの三大疾病にかかると、入院期間や治療期間が長期化しやすく、医療費も数百万円単位に跳ね上がってしまうのです。
がんと聞くと不治の病のイメージがありますし、心筋梗塞や脳卒中で半身不随になる人が多いのですが、早期発見での治療やリハビリで社会復帰までこぎつける人も多く、昔はかかったらおしまいというイメージもあったかもしれませんが、今では決して恐れる必要のない疾病となっているのです。 リクルートの保険比較サイト | リクルート運営の【保険チャンネル】



もっともそのためには早期発見と適切な治療が欠かせません。高額になりがちなこの三大疾病の治療費用ですが、健康保険だけではもちろん不安ですし、それをまかなう形で、生命保険に加入するのがベストだといえます。
もっとも生命保険といってもその種類は数多く、さらにいろいろな特約の組み合わせがあって一言で説明するのは難しいのが本音です。
日本人の多くがこの三大疾病のどれかにかかる現在において、かかることを前提にした保険が用意されています。
多くの生命保険会社がありますが、死亡保険のほかに、このようながんなどの三大疾病にかかったときの治療費、入院費、手術費用などを補完してくれる保険が医療保険であり、俗に三大疾病保障プランとも呼ばれています。
がんに特化した保険などもかけすてや、積立型で用意されていますが、がんにかからずに脳卒中になってしまったら治療費は出ませんので、生命保険の中の医療保険に加入するのであれば三つの疾病に効く保障プランがいいでしょう。掛け金が高くなりますが、三大疾病保障はもっとも必要な保険と考えてもいいでしょう。
[ 2015/08/07 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)