2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

将来の保障

人が生きていく中で避けては通れないもののひとつに、仕事があります。

他には結婚など必須というわけではありませんが
人生の大きな変化という意味では結婚も一つに入るかもしれません。

この仕事への価値観や向き合い方が、その人の幸せを左右すると言っても過言ではないでしょう。
もし、やりがいのある職種に出会い、居心地の良い職場で働けることになれば
その人は日々に幸せを感じるはず。



でも、そうした職種や職場に出会えなかった人はきっと満足感や
充実感を味わうことができないため、自分を不幸だと感じてしまうことがしばしばあるでしょう。

大人になると、1日の大半を仕事をして過ごすようになりますから
こうしたものたちと出会うことができるかどうかは
幸福を感じるかどうかに直接的な関わりを持ってくるのです。

仕事をすると、その対価としてお給料を受け取るわけですが
その額が大きければ大きいほど幸せであると思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、現実的にはそうでもないようです。
収入が多いことは幸福を作り上げるひとつの要素とはなりますが
そうした人たちはいかんせん自由な時間が少なく
睡眠時間やプライベートな時間、あるいは精神をも削りながら働いている現実があります。
「だったら、もう少し収入は少なくてもいいから
時間と心に余裕のある仕事がしたい」と思っている人も少なくはないのです。

「仕事」というものと「幸せ」というものを結びつけるのであれば
それは給料の額ではなく、やりがいや充実感を強く意識するべきなのではないでしょうか。
それをもたらしてくれる職種や職場と出会うこと、それを最優先するべきなのです。

また出産や家族を持つと保険の加入も考えなくてはいけません。
そのようなことを心配しないで良いくらいに大きなお金を手にしていれば別だとは思いますが
やはり保険の加入、将来の保障という意識は常に持っておきたいところです。
[ 2015/08/03 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)